読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MySQLチューニング

linux

グローバルバッファとスレッドバッファ

  • グローバルバッファ:sqlデーモンで管理するバッファ
  • スレッドバッファ:スレッドごと(コネクション毎)で管理するバッファ

グローバルバッファ

スレッドバッファ

  • sort_buffer_size

MySQLのメモリ設定の勘所 – sawara.me

rsync

linux

差分バックアップ

rsync --progress -av --delete /dir /remote_backup

hostname:/remote_backup から local:/local_backup/latest に転送

$rsync --progress -avz -e ssh --delete --bwlimit=200 user@hostname:/remote_backup /local_backup/latest

latestをYYYYMMDDに差分バックアップ

$rsync --progress --avz --delete --link-dest=/local_backup/2016010 /local_backup/latest /local_backup/201602

対象外にしたい場合 --exclude を使う

$rsync --progress --avz --exclude "tmp/" /dir /remote_backup

復元方法。コピー元とコピー先を入れ替えればOK

$rsync --progress --avz --delete /remote_backup /dir

sshを使ったrsync

$rsync --progress -auz --delete -e "ssh -p 10022" user@hostname:/remote_backup /local_backup

rsync

linux

差分バックアップ

rsync --progress -av --delete /dir /remote_backup

hostname:/remote_backup から local:/local_backup/latest に転送

$rsync --progress -avz -e ssh --delete --bwlimit=200 user@hostname:/remote_backup /local_backup/latest

latestをYYYYMMDDに差分バックアップ

$rsync --progress --avz --delete --link-dest=/local_backup/2016010 /local_backup/latest /local_backup/201602

rdiff-backup

linux

基本的な使い方

バックアップ

$rdiff-backup /dir /backup_dir

履歴を見る

$rdiff-backup --list-increments /backup_dir

復元

$rdiff-backup -r 2016-01-01 /backup_dir /dir

リモートサーバのデータをローカルにバックアップ

$rdiff-backup user@hostname::/remote-dir /local-backup


www.atmarkit.co.jp

tar

linux

圧縮

c 圧縮
v 情報表示
z gzipコンプレス
j bzipコンプレス
f 対象がファイル
--exclude アーカイブ対象から除外
$tar cvzf dir.tgz --exclude /dir/tmp /dir
$tar cvjf dir.tbz --exclude /dir/tmp /dir

解凍

x 解凍
C 出力先指定
$tar xzf dir.tgz -C /usr/expansion